ラヴィ ドライビングスクール 蒲田 東京都大田区、品川区、川崎地区の自動車教習所 【東京都公安委員会指定】

東京都公安委員会指定 ラヴィドライビングスクール蒲田 03-3733-2611



指定自動車教習所

会員証


ホーム

会社案内

求人案内

FAQ

お問い合わせ

個人情報の取扱いについて

リンク集

サイトマップ




教習プラン・料金 教習所案内 教習の進め方 教習生の方へ 資料請求・仮入校登録

交通安全コラム


更新日:2017月5月25日

事故につながる怖い現象

自動車走行中に起こる可能性がある危険な現象をしっかりと認識していますか?
まず、長い下り坂や高速走行をしている際にフットブレーキを多用することによって起きやすいのは、以下の現象です。

「ベーパーロック現象」……自動車のフットブレーキが、過熱によって油圧系統内部に生じた気泡のために利かなくなること。直前まで踏みごたえがあったブレーキレバーが突然、スコンと下のほうまで抜ける感じであると言われています。
特にオートマチック(AT)車ではベーパーロックが発生しがち。スイッチによりオーバードライブへの変速を阻止したり、セレクトレバーをドライブから、より低いセカンドやローなどのポジションへ合わせたりして、エンジンブレーキを活用しましょう。

「フェード現象」……ブレーキのストッピングパワーが低下してしまう現象のこと。摩擦材であるブレーキパッドは酷使されると温度が上昇しますが、一定以上の温度になると成分が分解されてガスを発生します。
そのガスがブレーキローターとの間で一種の潤滑剤となることで、ブレーキがききにくくなってしまうのです。フェードを防ぐには、非摩擦ブレーキであるエンジンブレーキや排気ブレーキ、リターダーなどを活用しましょう。

次に挙げるのは高速走行中に起きやすい以下の現象です(基本的にスピードの出し過ぎは禁物!)。

「ハイドロプレーニング現象」……高速回転するタイヤが水の上に乗り上げ、車がスキーのように滑走し、ブレーキもハンドルもきかなくなる現象。あわてて急ブレーキをかけたりハンドルを急に切ったりするとスピンを起こす可能性があり、非常に危険です。走行中、タイヤが浮いたような感じがしたら、しっかりとハンドルを握り、アクセルを緩めてスピードを落とすようにしましょう。

「スタンディングウェーブ現象」……高速走行中、タイヤのサイドウォールに波状のたるみが発生する現象。空気圧が設定値より低いときに発生しやすい。ころがり抵抗が極端に増大することでタイヤは発熱し、最終的にバースト(破裂)につながります。定期的にタイヤの空気圧点検を!

万が一、いずれかの現象に遭遇した時、必要以上にパニックになることを避けたいところ。まさに"知識は身を助ける"、これらの現象をあらかじめ頭に入れておくことは危険予測運転につながります。



指定自動車教習所
指定自動車教習所
当校は東京都公安委員会指定の自動車教習所です。卒業すると実地試験の免除が受けられます。また、各種講習や安全教育等で地域貢献にも努力しています。
指定自動車教習所公正取引協議会
指定自動車教習所公正取引協議会
当校は、指定自動車教習所校正取引協議会に加盟しています。安心で信頼できる教習所選びをして頂くために教習所の健全経営と発展を目指して活動しています。


ラヴィドライビングスクール蒲田
旧) 蒲田自動車教習所 〒144-0056
東京都大田区西六郷1-3-15

TEL: 03-3733-2611
定休日: 金曜日


アクセス

JR 京浜東北線・東急 多摩川線 / 池上線 蒲田駅下車 徒歩10分・京浜急行(京急) 雑色駅下車 徒歩10分






入所手続き

月〜木曜日: 
9:00〜20:00
土・日・祝日: 
9:00〜17:00


技能(予約制)

月〜木曜日: 
8:50〜20:50
土・日・祝日: 
8:50〜17:40


学科(時限割制)

月〜木曜日: 
8:50〜20:50
土・日・祝日: 
8:50〜17:40







▼クレジットカードがご利用いただけます。
visa Master Card J-Debit UC JCB AMEX


Copyright© Lavie Driving School KAMATA. All Rights Reserved.